取り扱い物件が豊富な不動産業者を頼ると失敗を避けることができる

基本は確認と報告

男女

手を入れる必要性の確認

空き家管理を業者に委託するときに安価なサービスを選ぶと必要最低限のことだけを行ってもらえます。地域によっては毎月ワンコイン程度の価格で行われているサービスなので活用するのにそれほど負担もかかりません。これは本当に最小限の作業を行うようにしていることに加えて、非営利団体が担っている場合もあるからです。最小限のサービスは確認と報告が基本的な仕組みになっています。最も単純な空き家管理では、外から目視して確認し、その状況を写真を交えて依頼主に報告するというのが通常です。外壁や屋根の劣化状況、窓枠や窓自体の傷みの確認、庭木や雑草の成長具合、郵便物の有無などを調べて報告書をまとめて提出してもらえます。特に写真から判断できる情報量は多く、手入れをしなければならない状況かどうかを判断することができるでしょう。空き家の管理として常に快適な状態を維持するための充実したサービスもありますが、費用をあまりかけずに必要なときだけ手入れをしようという考え方のときには優れている方法です。もう少し充実したサービスになると周辺に住んでいる人に苦情がないかも聞いて回ってくれたり、屋内から雨漏りの有無などを確認してくれたりします。こうすると手入れの実施が急を要する状況かどうかが判断できるでしょう。空き家管理を怠ってしまうと手がつけられない状況になってしまいますが、このような形で確認作業を常に行っていれば取り返しのつく範囲で手入れを行っていけます。